ストレスが原因で小学生でも突然円形脱毛症になることもあります。そのため周囲からDVやストレスを子供に与えていると誤解され悩む親が跡を絶ちません。子供との時間を作り話を聞いてあげるだけで子供は安心します。まずは心のケアからはじめてみましょう。

こどもの円形脱毛症の原因

円形脱毛症というのは、大人がかかる病気の一つと思っているかもしれませんが、子供でもかかる場合があります。近年は円形脱毛の原因も自己免疫疾患ではないだろうかと言われ始めています。子供の場合だと心理的なストレスから発症する場合もありますし、体調を崩した後にいつの間にか出来ていたりする事もあります。

他にも子供の円形脱毛症の原因として挙げられる事はアトピーがよく言われます。昔はそれほどアトピーにかかるような子供はいなかったのですが、今は親からの遺伝などもあれば、食品からのアレルギーでアトピー体質の子も少なくありません。アレルゲンになるようなものに触れてしまった事がきっかけで発症する事もあります。その為、花粉症なども脱毛の原因となり得る場合がありますので要注意です。

子供でもこうして円形脱毛症になるのですから、気がついたら親側も優しくケアしてあげるようにしましょう。いつ治るのだろうかと不安になってしまうと、それがまたストレスになってしまって脱毛症がなかなか治らない悪循環になってしまいます。そもそも子供の場合は適切な治療方法など対処の仕方も分かりません。学校に行くのもストレスに感じてしまうこともあります。治療自体は大人と変わらない方法となりますので、生活環境を改善したりストレスに感じるようなことを取り除いていく事で治療を進めていきます。

まだまだ成長途上の子供ですから、しっかりと親がサポートをしてあげて下さい。親が味方についてくれていると思えば、安心して治療も進めていく事ができます。二人三脚で頑張っているうちに、いつの間にか治っていたという事もありますので、諦めずに日々のヘアケアなどを欠かさず頑張っていきましょう。